よくある質問

よくある質問

Q. 住宅リペアとは何ですか?

よくあるご質問1

A.

車の板金リペアはご存知ですか?

車をぶつけた時にできた、大きな凹みや、すり傷などを直す、補修技術のことです。

その住宅、建築分門とお考えになるとわかりやすいのではないでしょうか。フローリングにできた凹み、傷、家具の塗装剥がれ、アルミサッシの歪み、タイルの欠け、玄関ドアの再生塗装など、多種多様な内容にお答えできるのが当社の特殊塗装工の発想です。

 

Q. 住宅リペアはどこまでリペア(補修)可能ですか?

よくあるご質問2

A.

劣化、損傷の程度で、直せる範囲が変わりますが、当社では床の傷直しから、アルミサッシ、石材、浴槽塗装まで幅広く対応しています。

先ずは補修したい箇所を写真に撮り、お問合せください。

リペア可能な素材は、以下の年間の主な補修工事を参考にしてください。

 

年間の主な補修・再生塗装・特殊塗装工事

戸建て住宅を中心とした木製品の凹み、傷直し全般の施工/他業者による施工不良の是正、最終仕上げの施工/廃番製品(タイルなど)の復元塗装、及び制作/劣化した玄関ドア(木製、アルミ製など)の塗り替え、再生塗装/無垢材のカビ取り、染み抜き、灰汁洗い/ガラス・鏡の研磨、ウロコ取り/床材の部分張替え、突き板(挽き板)貼り/ステンレス製品の補修、磨き、鏡面仕上げ/浴槽の塗り替え、再生塗装/床材、クロス、水周りの特殊コーティング/アルミサッシ、ガルバ鋼板、金属製品の凹み、傷直し/石材・大理石の欠け、ひび割れの補修/和室、床柱の突き板張り/外壁サイディングの補修、テクスチャー・柄の再生/家具、木製品の再生塗装/床鳴りの是正/陶器、洗面ボウルの割れの補強と再生塗装/珪藻土、漆喰、ジョリパット、その他の左官材の補修/ダイノックシート貼り、塗り替え/木製カウンター塗装/木製階段の塗り替え、再生塗装/防カビ、抗菌塗装/タイル、床材の防滑塗装/コンクリートのヒビ割れ、クラックリペア、最終色補正/タイル、レンガ、石材の復元/家屋の損害調査/賠償責任保険・火災保険対応リペア/技術指導、コンサルタント/クッションフロアーの補修/成形、型取り補修/壁紙の傷、隙間直し、壁紙塗装/キッチンパネルの割れの補修/鏡面塗装、ポリッシング/樹脂、FRP製品の補修/高意匠塗装、模様塗装/オーダーメイド塗装/コーポレートカラーの提案/エージング、アンティーク塗装他

Q. 補修会社によって大きく見積りの金額が変わるのはなぜでしょうか?

よくあるご質問3

A.

車と違い、住宅、建築関係の補修(リペア)は、直し方が多種多様に存在します。そのため、直し方が同業他社によってかなり異なります。場合によっては技術不足のため、「こんな程度か、、。」とがっかりする結果もあるかもしれません。

当社ではなるべくお客様の要望をお聞きし、最小限で綺麗に仕上げる金額でアドバイス、お見積り致します。

ただし、水回りの損傷や、高級家具、屋外など、耐久性が要求される場合は、別途お見積り致します。

当社では2種類の見積りをご用意し、お客様の細かな要望に最適な技術をお選び頂けるよう努めていますので、安心してご相談ください。

 

Q. 個人でも、依頼できますか?

よくあるご質問4

A.

現在、個人の方からの直接のご依頼は受け付けておりません。当社は、仕上がりのクオリティを重視した法人、事業主専門の会社です。

ご依頼される場合は、ハウスメーカー、リフォーム会社、設計事務所様などを経由をして頂くこととなります。ご了承ください。

 

Q. 直接現場を見て、見積りをお願いすることはできますか?

よくあるご質問5

A.

無料で現場調査、見積りを行っていますが、基本的には近隣地域以外の出張見積りはしていません。

遠方の場合は、申し訳ありませんが、調査費プラス交通費を頂く場合がございます。

なるべく、Eメールや、ウェブ上に画像を載せてご連絡頂ければ、見積りがスムーズです。

Q. リフォーム会社に見積りをお願いしたところ、壁紙を全部剥がす工事が必要だと言われました。壁紙を剥がさず、リペアは可能でしょうか?

よくあるご質問6

A.

可能です。

当社では壁紙用の特殊パテと塗料を駆使して、防カビ対策にも優れた効果を発揮する壁紙リペアを行っています。

是非ともご検討下さい。事前に壁紙の特徴、劣化具合など、画像の詳細をメールで頂けると助かります。

Q. 遠方でも出張可能ですか?もし地元の業者さんを選ぶ場合、失敗しないコツなどありますか?

よくあるご質問7

A.

出張可能です。(時期や内容によってはお応えできない場合もございます。)

近年はリペア会社も増えつつあり、ホームページで判断される場合は、施工前、施工後の写真を拡大して見せている会社であれば、それが先ず信頼の目安になるのではないでしょうか。

リペア技術は、耐久力・復元力ともに必要であり、そのどちらかが欠けてしまう業者さんが大半なので、どのような材料で直すのか、具体的に詳しくお聞きすることも業者さん選びのコツです。

Q. 傷のついた製品を持ち込みで直して頂くことは可能ですか?

よくあるご質問8

A.

可能です。(時期や内容によってはお応えできない場合もございます。)

当社では、作業場、塗装ブースも完備しておりますので、緊急時や、現場の予算が足りない時など、ぜひお持ちください。

事前にお電話を頂けると助かります。

作業場住所:相模原市中央区清新5-13-8倉庫B