ドアの破損の補修

After

ドアの破損の補修

賃貸物件の扉に大きく拳大の穴が空いていると、管理会社様から相談を頂きました。扉と枠が廃番製品のため、交換するにはあまりにもコストがかかるため、補修の相談を頂きました。

こだわり 大きな破損は、とにかく、最小限で最大限の技術力が必要です。丁寧に破損部を接着剤で繋ぎ合わせ、パテを慎重に何度も盛り、最終的な木目調の柄も一筆ずつ加筆して仕上げました。
サービス 最終的な艶調整も行ない、将来的な経年劣化を防ぐために、変色が起きにくい着色剤を使用しました。

工賃:53,000円(税別) 時間:2日間(10時間)

お問合せフォームへ →

施工前

1.施工前

補修中の状態(パテ埋め)

2.補修中の状態(パテ埋め)

補修中の状態(塗装中)

3.補修中の状態(塗装中)